2017/03/04 15:14

林遣都&藤井美菜&秦基博、デビュー10年の3人がターニングポイントを告白!

ターニングポイントを告白!
ターニングポイントを告白!

乃南アサのベストセラー小説を映画化した『しゃぼん玉』の初日舞台挨拶が3月4日にシネスイッチ銀座で開催され、林遣都、藤井美菜、相島一之、主題歌を提供した秦基博、東伸児監督が登壇。デビュー10周年を迎えた林、藤井、秦がそれぞれのターニングポイントを明かした。

本作は、親の愛を知らずに育ち、通り魔や強盗傷害を繰り返す若者・翔人が、老婆との出会いを通して再生していく姿を描く人間ドラマ。この日、風邪を患った綿引勝彦は欠席となった。

林、藤井、秦はデビュー10年を迎えた。劇中でも人生のターニングポイントが描かれるが、本作の主題歌ともなった「アイ」は秦にとっての、ターニングポイントのひとつだ言う。

“10周年”という縁ある3人がターニングポイントとなる出来事を発表することとなると、林は「スカウトでこの世界に入った」と述懐。修学旅行中の山手線でスカウトされたそうで、「班行動をしていたんですが、班の女の子が『渋谷に行きたい』と言っていなかったらと思うことがある。その女の子に感謝しています」と俳優へのきっかけを笑顔で話した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

おとなしく過ごしたいのに、引っ張りだされてストレスがたまり...もっと見る >