2017/03/05 18:37

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017、グランプリは33歳監督の手に

今年のゆうばり映画祭でオフシアター・コンペティション部門のグランプリを獲得した永山正史監督と審査委員長の内藤誠監督
今年のゆうばり映画祭でオフシアター・コンペティション部門のグランプリを獲得した永山正史監督と審査委員長の内藤誠監督

北海道・夕張市で開催中の「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017」。3月5日、クロージングセレモニーと授賞式が行われ、オフシアター・コンペティション部門で、永山正史監督の『トータスの旅』がグランプリを受賞した。

本作は、妻を亡くした男が、風変わりな兄に振り回され、息子とカメと兄の恋人と共に奇妙な旅に出る姿を描いたロードムービー。審査委員長の内藤誠監督は「子どもと動物が出る映画は(コントロールできなくて)大変だから、大抵ひどい目にあうんです。でもこの映画はカメと少年という難物を扱っている。70年代のテイストだとか、『イージー・ライダー』的で共感しやすいところもあった。個人的には辛口になる部分もあるが、満場一致でした」と評した。

現在33歳の永山監督は、本作が監督2作目。フリーランスでCMなどのディレクター・カメラマンとしての活動をしながら映画を完成させた。初監督作となる前作『飛び火』はぴあフィルムフェスティバルに入選しており、本作も第10回田辺・弁慶映画祭と第17回TAMA NEW WAVEで男優賞を受賞しているが、「男優賞などはほかの映画祭でいただいていたのですが、作品賞を受賞したのは初めてです。やさぐれて、賞なんていらないと思っていたけど、本当にうれしいですね」と喜びを語った。次回作支援金の使途について尋ねられると、「いくつか考えている企画があるのですが、これまでフィクションで“変なおじさん”の姿を描いてきたので、今度はそれをドキュメンタリーでやってみたい」と抱負を語った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >