2017/03/09 14:48

國村隼が韓国で外国人初の男優助演賞を受賞!その壮絶な舞台裏とは?

『哭声/コクソン』の國村隼とナ・ホンジン監督にインタビュー
『哭声/コクソン』の國村隼とナ・ホンジン監督にインタビュー

『チェイサー』(08)や『哀しき獣』(10)のナ・ホンジン監督が、観る者の度肝を抜くような凄まじいサスペンス『哭声/コクソン』(3月11日公開)を放つ。韓国の第37回青龍映画賞で5冠を獲得し、國村隼に外国人初の男優助演賞受賞をもたらした。来日したナ・ホンジン監督と、彼がリスペクトしてやまないという國村にインタビューを敢行した。

國村が演じたのは、平和な田舎の村にやってきた“よそ者”だ。この謎めいた男の噂が広がるにつれ、村人が自分の家族を殺す残虐な事件が多発していく。殺人犯たちは濁った眼をしておびただしい湿疹が出ている。事件を捜査する村の警官ジョング(クァク・ドウォン)は、自分の娘にも同じような湿疹が出ていることに気付き、このよそ者の男を追い詰めていく。

國村演じるこの男は、「イエス・キリストがベースになったキャラクターだ」とナ・ホンジン監督は語る。國村は裸で滝に打たれたり、恐ろしい悪鬼のような風貌になったりして鬼気迫る演技を見せた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >