2017/03/09 14:28

中谷美紀「あるがままに受け入れる」懐深き人生観に迫る

中谷美紀「あるがまま、なすがまま」人生観を語る
中谷美紀「あるがまま、なすがまま」人生観を語る

テレンス・マリック監督が40年の年月を費やして制作した映画『ボヤージュ・オブ・タイム』(3月10日公開)。日本語版の“語り手”には女優・中谷美紀が抜擢された。過去、現在、未来に渡る壮大な宇宙の歩みを革新的な映像効果とともに描く意欲作だが、中谷にインタビューすると、本作とピタリと重なる彼女の人生観が明らかとなった。

爆発によって宇宙が誕生し、惑星が変化を遂げるなかで様々な生き物が命を宿してきた。140億年近い宇宙の歩みは神秘の連続だ。『シン・レッド・ライン』(99)や『ツリー・オブ・ライフ』(11)などの偉才テレンス・マリック監督は、長きにわたり本作の企画を温め続け、リアリティに基づく映像を探求。視覚効果チームだけでなく強力な科学アドバイザーたちも参加して、あらゆる自然現象を多様な方法で表現してみせた。

本作を観た中谷は「こんなに心地よいものに巡り会えてありがたい」と感激の言葉を口にする。「美しいものに触れた時に、最も生き甲斐を感じます。魂を優しくマッサージされているようでしたね。人間は誰しも『なぜ自分はここにいるのか』とか、『なぜ生まれてきたのだろう』とか、死への恐怖や、あるいは『地球はどうなっていくのだろう』、『宇宙はどこまで広がっていくんだろう』という様々な問いをご自身で問い続けているものだと思うんです。私もそうです。本作は、その答えに優しく導いてくれたような気がしています」。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >