2017/03/24 13:09

日本アニメ&ゲームの影響がてんこ盛り!オタク気質な『キングコング』監督のこだわり

キングコングをはじめ、髑髏島に生息する生物には神聖な雰囲気が与えられている/[c]2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED
キングコングをはじめ、髑髏島に生息する生物には神聖な雰囲気が与えられている/[c]2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED

キングコングをはじめ、巨大生物たちが生息する島に乗り込んだ人間たちが体験する恐怖を描くアドベンチャー作『キングコング:髑髏島の巨神』(3月25日公開)。劇中のあらゆる設定からもその影響は明らかだが、メガホンを握ったジョーダン・ボート=ロバーツは日本のアニメやゲーム好きを公言する“超オタク監督”だった!

本作の公開を記念し、2月に来日したロバーツ監督。『シン・ゴジラ』(16)を手がけた樋口真嗣監督との対談で、MIYABI演じる日本兵グンペイ・イカリという役名が「ゲームボーイの生みの親の故横井軍平と『新世紀エヴァンゲリオン』の碇シンジから取ったのでは?」との質問に「指摘されたのは初めてです」と照れ笑いを浮かべながら認めていた。

この物語の真の主人公である髑髏島の巨大生物に対しても「キングコングが守護神であるように、島の生物にも気高さや美しさ、聖なる雰囲気を与えたかった。ある意味では宮崎駿監督の映画っぽくて、『もののけ姫』(97)の要素がたっぷり詰まっている」と語る。コングの天敵となるスカル・クローラーは「黒っぽいのボディと白い頭はまるで、『千と千尋の神隠し』(01)のカオナシのようでもあるし、『新世紀エヴァンゲリオン』に登場する使徒サキエルのようだね」とここでも日本のアニメのタイトルが次々と出てくるほど。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を仕切る立場にたちやすい日。でも自分は表に出ないほうが吉...もっと見る >