2017/04/06 12:27

『ゴースト・イン・ザ・シェル』バトー役俳優は、押井守版アニメの大ファン!「50回は観た」

バトー役は「攻殻機動隊」の大ファン!
バトー役は「攻殻機動隊」の大ファン!

士郎正宗のコミック「攻殻機動隊」をハリウッドで実写映画化する『ゴースト・イン・ザ・シェル』(4月7日公開)。日本が世界に誇るSFアクションの実写化とあって大きな注目を集める本作で、人気キャラクターのバトーを演じているのが、デンマークの俳優ピルー・アスベックだ。来日したピルーを直撃すると、「アニメ版は50回は観ているよ!」と「攻殻機動隊」の大ファンであることが明らかとなった。

近未来を舞台に、脳以外は全身義体の捜査官・少佐(スカーレット・ヨハンソン)が、エリート捜査組織・公安9課を率いてサイバーテロ組織と対峙する姿を描く本作。押井守監督のアニメーション映画『GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊』(95)、続編となる『イノセンス』(04)も今なお世界中を魅了しているが、主人公の相棒となるバトーはその中でも高い人気を誇るキャラクターとなっている。

がっしりとした肉体、ユーモアあふれる人柄もバトー役にぴったりのピルー。漫画やアニメの実写化において、どれだけリスペクトを注いで作られたかは重要な鍵となるが、ピルーはもとよりアニメ版の大ファンだったのだとか。「『GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊』と出会ったのは、僕が14歳の時。僕は少なくとも50回は観ているよ(笑)。あの映画はアートだと思うし、僕自身も初めて観た時は多感な年頃で、アイデンティティを模索するというストーリーにものすごく共感できたんだ」。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情のアップダウンが激しくなりそう。怒りのあまり八つ当たり...もっと見る >