2017/04/07 18:03

実写版『攻殻機動隊』バトー役が明かす、スカヨハのすごさ「ものすごい努力家」

スカヨハは「努力家!」と絶賛
スカヨハは「努力家!」と絶賛

世界中にファンを持つSFアクションの金字塔「攻殻機動隊」をハリウッドで実写化した『ゴースト・イン・ザ・シェル』(4月7日公開)が、いよいよスクリーンにお目見えする。タフでクールで奥深いキャラクターとして、熱狂的な人気を誇る主人公の“少佐”をスカーレット・ヨハンソンが演じたことでも話題。少佐の相棒・バトーを演じたピルー・アスベックに、スカーレットの魅力を聞いた。

本作は、人間とテクノロジーの境界線がますます曖昧となった近未来を舞台に、脳以外は全身義体であり、捜査組織・公安9課の先頭に立つ少佐の起源を追う物語。原作では“草薙素子”として知られる主人公を、スカーレットが熱演。黒髪ボブの“素子カット”にしたスカーレットが、自らのアイデンティティを模索し、戦う少佐を体現している。

『LUCY ルーシー』でもスカーレットと共演したピルーは、「スカーレットは最高さ。サイコー!」と日本語を交えて彼女を絶賛し、一言でいうなれば「ものすごい努力の人」だと続ける。劇中では、肌にピッタリとした衣装に身を包み、激しいアクションも披露しているスカーレットだが、「彼女は毎日必ず、朝1時間のトレーニングをしてから、撮影に臨むんだ。スケジュールによっては、それから12時間も撮影が続くこともあるからね。こんな努力家はいないと思うし、最高の役者の一人だと思う」とキャラクターと一体となるために、ストイックに体づくりをしていたそう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

お誘いが多く人気者になれる日。美的センスも冴えるので、華や...もっと見る >