2017/04/07 18:05

マーベル映画、ヒットの秘訣は“放任主義”!?ジェームズ・ガン監督が裏側を明かす!

撮影現場で主演のクリス・プラットと談笑するジェームズ・ガン監督/[c]Marvel Studios 2017
撮影現場で主演のクリス・プラットと談笑するジェームズ・ガン監督/[c]Marvel Studios 2017

シリーズ累計興行収入全世界No.1を誇る「アベンジャーズ」のマーベル・スタジオ最新作『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』が、5月12日(金)に公開を迎える。この度、前作『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(14)に続いて銀河のはみ出し者たちの冒険をハイテンション&コミカルに描いたジェームズ・ガン監督が、制作秘話を明かした!

映画を撮り終えて、ガン監督は「自分のやり方を許してくれたマーベル・スタジオに、とんでもなく感謝しているよ!」と興奮気味に振り返っている。「この作品で、マーベルからの提案はまったくなかったんだ。基本的に“ノー”と言われることはなかった。もし意見が対立することがあっても、彼らは僕のやり方でやらせてくれたんだ」と、マーベル・スタジオからの“放任主義”の特権を得ていたという。

莫大な費用のかかる超大作では、たとえ監督であってもスタジオから興行成績を見込める設定や描写などを要請されることも多いが、今作に関しては、マーベル・スタジオが一切口を挟まず、監督を全面的にバックアップしたようだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

周囲のノリから浮いてしまいそう。きつい一言でムードをこわさ...もっと見る >