2017/04/27 12:00

木村拓哉の魅力は世界でどう受け止められるか?国際的名プロデューサーが太鼓判

ジェレミー・トーマスが木村拓哉の魅力にぞっこん!
ジェレミー・トーマスが木村拓哉の魅力にぞっこん!

木村拓哉が不死身の侍を演じる『無限の住人』(4月29日公開)が、第70回カンヌ国際映画祭で公式上映される。世界を舞台に、本作、そして木村拓哉の魅力はどう受け止められるのか?本作のプロデューサーであり、『戦場のメリークリスマス』(83)『ラストエンペラー』(88)などを手がけてきた国際的名プロデューサーのジェレミー・トーマスは「木村さんは、世界的に認知されるべき資質をたくさん持っている。きっと世界でその魅力をアピールするだろう」と強い自信をのぞかせる。

累計発行部数750万部を超える沙村広明の人気コミックを、三池崇史監督が実写映画化する本作。不死身の身体を与えられた侍・万次(木村)が、両親を殺された少女・凜(杉咲花)の用心棒となり、仇討ちのための戦いに身を投じる姿を描くアクション・エンタテインメントだ。

木村が300人斬りに挑むなど、壮絶アクションにトライ。さらに万次は色気ある男であり、“死ねない”のか“死なない”のかという哲学的な内容を含む難役となるが、三池監督は「木村拓哉しかいない」と自ら木村を指名した。ジェレミーは「キャスティングというのは、僕もずっと大切にしてきたこと。今回のキャスティングは素晴らしい」と万次=木村に惚れ込む。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を説得するパワーがある今日のあなた。遠慮せず自分を表現す...もっと見る >