2017/05/04 15:00

「ショー」「ジャンプ」「応援上映」…他のアイドルアニメと一線を画す「キンプリ」の魅力とは?

シンらプリズムスタァを目指す少年たちの成長が描かれる/[c]T-ARTS / syn Sophia / エイベックス・ピクチャーズ / タツノコプロ / キングオブプリズムPH製作委員会
シンらプリズムスタァを目指す少年たちの成長が描かれる/[c]T-ARTS / syn Sophia / エイベックス・ピクチャーズ / タツノコプロ / キングオブプリズムPH製作委員会

昨年公開され、その独特な世界観や独自の上映スタイルでロングランヒットとなった「キンプリ」をご存知だろうか。ファン待望の続編『劇場版 KING OF PRISM -PRIDE the HERO-』(6月10日)の公開を前に、知らない人のために「キンプリ」の魅力を改めて紹介したい。

熱狂的な人気を博した前作『劇場版 KING OF PRISM by PrettyRhythm』(16)は、女の子向けのテレビアニメ「プリティーリズム・レインボーライブ」に登場する3人組ボーイズユニット・Over The Rainbowを主役にした長編アニメ。スピンオフ作品ながら、その独特の世界観にハマる女子が続出し、大ヒットとなった。

「キンプリ」がアイドルをモチーフにした他のアニメ作品と大きく異なるのは、物語のメインとなるライブシーンに相当する“プリズムショー”の存在だろう。フィギュアスケート、歌、ダンスなどの要素が入ったプリズムショーでは、ステップを踏むだけで、足元がキラキラ光ったり、虹ができたりとアニメならではの良い意味でデフォルメされた演出がなされている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >