2017/05/04 14:43

岡田准一が『追憶』で俳優兼カメラマンを担当!

『追憶』の岡田准一と降旗康男監督にインタビュー/[c]2017映画「追憶」製作委員会
『追憶』の岡田准一と降旗康男監督にインタビュー/[c]2017映画「追憶」製作委員会

『あなたへ』(12)の降旗康男監督で、岡田准一が主演を務めたヒューマンミステリー映画『追憶』(5月6日公開)。カメラを回したのは、『劒岳 点の記』(09)などの監督でもあり、高倉健主演映画『駅 STATION』(81)や『鉄道員(ぽっぽや)』(99)など、数多くの作品で降旗監督と組んできた木村大作だ。岡田と降旗監督にインタビューし、撮影秘話を語ってもらった。

ある事件をきっかけに他人として生きていた幼なじみの3人が、25年後に刑事、容疑者、被害者という形で再会する。刑事の四方篤を岡田が、容疑者の田所啓太を小栗旬が、被害者の川端悟を柄本佑が演じた。

岡田は本作で主演を務めることに気負いを感じてしまったと言う。「スタッフさんからは『高倉健さんを撮っていた人ですから』とよく言われました」。

降旗監督は岡田に「抱えているものを惜しみなく出してください」と指示を出したそうだ。岡田は「ここはこうしてください、ああしてくださいとはおっしゃらない監督なんです。大作さんは現場でパワフルに指示されますが、監督は静かに演出される方で、信じて見守っていただいたという感じがします」と振り返る。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >