2017/05/13 13:32

『破裏拳ポリマー』坂本浩一×『BLAME!』瀬下寛之 特撮&アニメ2大監督”激熱”対談

瀬下寛之監督(左)と坂本浩一監督。瀬下監督は普段からTVで坂本作品に触れている特撮ファンだということで、今回の対談に興奮!
瀬下寛之監督(左)と坂本浩一監督。瀬下監督は普段からTVで坂本作品に触れている特撮ファンだということで、今回の対談に興奮!

1974年、タツノコプロがカンフーブーム真っ只中に制作した同名アニメを実写化した本格アクション『破裏拳ポリマー』(5月13日公開)。無限に増殖した都市に駆除される人間たちを描いた伝説の原作コミックのアニメ化『BLAME!』(5月20日公開)。そんな話題の2作を手掛けた坂本浩一監督と瀬下寛之監督のクリエイター対談が実現。実写特撮とCGアニメという異なる分野ながら近い感性を持つ同世代の監督として、互いの最新作の話題を中心に語り合ってもらった。

■ 2作品に共通するのは“無国籍感”?

『シドニアの騎士』などで知られる弐瓶勉原作の『BLAME!』は漫画が難解なハードSFだったことで知られている。原作を読んでいた坂本監督は「映画を観て“こういう話だったのか”と安心したんですよ」と感想を述べると、瀬下監督は作品をどのようなスタンスで制作したのかを教えてくれた。

「『BLAME!』の劇場版を作る話が挙がった時、弐瓶先生ご自身が『あの作品は解りづらいから、シンプルに解りやすくしましょうか』と提案してくださって、そこから一緒に作り上げました。間口を拡げて、よりポピュラーに受け入れて欲しい。原作を知らない方々にも観てもらって、まず興味を持ってもらいたい。その大方針を軸に、先生ご自身が映画用に手がけた膨大なコンセプトデザインと僕たちの映像スタイルが化学反応を起こして、シンプルなストーリーの骨組みに、壮大なSF的世界観が融合した“弐瓶ワールドの入門編”になったと思います」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >