2017/05/16 16:56

『美女と野獣』がV4達成!『ガーディアンズ』続編も大ヒットスタートを記録

首位キープの『美女と野獣』は、どこまでこの記録を伸ばせるか?/[c]2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
首位キープの『美女と野獣』は、どこまでこの記録を伸ばせるか?/[c]2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

ゴールデンウィーク明けの5月13・14日の興収ランキングは、先週と変わらず『美女と野獣』が圧倒的な強さを見せて首位を獲得。土日2日間で動員42万人、興収5億7500万円を記録し、洋画の実写としては『シンデレラ』(15)以来2年ぶりの快挙となる4週連続の1位となった。すでに累計興収は79億3800万円を突破し100億円超えは、ほぼ確実と言えそうだ。

2位も先週と同じく『名探偵コナン から紅の恋歌(からくれないのラブレター)』がランクイン。3位に初登場した『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』は、土日2日間で動員16万3000人、興収2億4900万円という、10億円超えのヒットとなった前作『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』を上回る好成績でのスタートとなった。

客層は20~30代のマーベルファンを中心に、10代の若い世代も劇場に足を運ぶなど、幅広い支持を獲得。なかでも新キャラクター、ベビー・グルートの愛らしさにファンが急増しているようで、SNSなどに絶賛の声が数多く寄せられた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

気になることがあったら徹底的に調べてみよう。周囲の人に教え...もっと見る >