2017/05/22 18:35

70回目を迎えたカンヌ国際映画祭、印象的なドレスを着ていた歴代25人とは?

ベラ・ハディッドの深紅のアレクサンドル・ボーティエのクチュールドレス/写真:SPLASH/アフロ
ベラ・ハディッドの深紅のアレクサンドル・ボーティエのクチュールドレス/写真:SPLASH/アフロ

今年で70回目を迎えたカンヌ国際映画祭は、毎年、セレブたちが選んだ格式高く豪華絢爛なドレス姿を見るのも楽しみのひとつ。

そこで、デイリー・メール紙が、過去、印象に残る25人のドレスを選出している。

2016年は、なんといってもお騒がせのベラ・ハディッドの、深紅のアレクサンドル・ボーティエのクチュールドレス。Gストリングを身に着けていたものの、思い切り股間部分が露出し“股間ドレス”として最も話題に上ったドレスとなった。

また同年、シャーリーズ・セロンの、プランジネックのボタンのない白いシャツに黒いディオールのタキシード姿も、こびることなくセクシーさを全く売りにしない印象的な衣装としてピックアップ。またエル・ファニングのズハイル・ムラドのストラップレスのレースがあしらわれたお姫様ドレスも選ばれている。

1957年の、エリザベス・テイラーのオフショルダーのドレスに、プラチナとゴールドにダイヤモンドがあしらわれたティアラ姿、2014年の、ブレイク・ライブリーが着ていたグッチ・プリミエールのストラップレスのモノクロドレス、2008年、同年7月に双子のノックスとヴィヴィアンの出産を控えたアンジェリーナ・ジョリーが、大きなお腹で当時の恋人ブラッド・ピットと一緒にレッドカーペットを歩いたモスグリーンのマックス・アザリアのドレス、

今日の運勢

おひつじ座

全体運

気になることがあったら徹底的に調べてみよう。周囲の人に教え...もっと見る >