2017/05/26 14:00

『バイオハザード:ヴェンデッタ』の清水崇Pと辻本貴則監督が語る撮影秘話

『バイオハザード:ヴェンデッタ』の清水崇プロデューサーと辻本貴則監督
『バイオハザード:ヴェンデッタ』の清水崇プロデューサーと辻本貴則監督

サバイバルホラーのフルCG長編アニメ映画最新作『バイオハザード:ヴェンデッタ』が5月27日(土)より公開となる。本作でエグゼクティブプロデューサーを務めた清水崇(『呪怨』シリーズ)と、辻本貴則監督(『THE NEXT GENERATION パトレイバー』)にインタビュー。

本作は、シリーズ累計販売本数7700万本超えのゲームシリーズ『バイオハザード』の世界観を基に、歴代の人気キャラクターたちが活躍する完全新作ストーリー。クリス・レッドフィールドやレオン・S・ケネディ、レベッカ・チェンバースが、新型ウイルスによるバイオテロの脅威に立ち向かう。脚本は小説家で漫画原作者でもある深見真が手がけた。

最初に辻本監督は、清水プロデューサー不在のミーティングでの容赦ないやりとりに驚いたそうだ。「その時、本作のプロットに清水さんが赤入れをしたものを見せられたんですが、ワーッと血のような赤色でびっしりと直しが入っていたんです。厚さは倍くらいになっていました。なるほど、これが清水崇かと。こうじゃないとハリウッドへは行けないんだなと感心しました」。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ひっそりと静かに過ごしたい気分。早々に家に帰り、好きな読書...もっと見る >