2017/05/30 15:01

セレブではなくゲストが、カンヌ史上最悪のX指定モノの露出ハプニング!

今年も数々のドラマを生み出し閉幕したカンヌ国際映画祭/写真:SPLASH/アフロ
今年も数々のドラマを生み出し閉幕したカンヌ国際映画祭/写真:SPLASH/アフロ

5月17日から28日まで開催されていたカンヌ国際映画祭では、今年もシースルードレスやスリットドレスからショーツなどが見えてしまうハプニングが続出。しかし、年々露出度が高くなる昨今では、ハプニングではなく計算済みなの露出ではないかとまで言われ、世間もあまり驚かなくなっている。

しかし今年は、ベラ・ハディッドの露出を超える、X指定モノともいえる露出のハプニングが発生。しかも、ヴィクトリアズ・シークレットのエンジェルズでもなく、ゲストがカンヌ史上最悪の大惨事を起こしたようだ。

『Rodin』のスクリーニングでレッドカーペットを歩いた謎の女性は、黒髪をアップにまとめ、サテン地のホルターネックの首に大きな花のリボンが付いたドレスに、骨盤までスリットの入ったエンジェルズ並みのドレスを着ていた。

スリットが4つのパートに分かれたドレスだったため、風で前面の左脇と左サイドから黒いショーツのみならず、お腹までが見えるハプニング。さらなる風で4つのパートに分かれたスカートがめくれ上がってからまり、セルライトだらけの太もものみならずTバックのお尻が丸出しとなった様子を、デイリー・スター紙が「カンヌ史上最悪のX指定ものの露出」と写真付きで紹介している。【NY在住/JUNKO】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

焦らずのんびりいこう。プライベートの充実に力をいれると吉。...もっと見る >