2017/05/31 08:00

ヒュー・ジャックマン、『LOGAN/ローガン』の過酷な撮影で失神!

ヒュー・ジャックマンが『LOGAN/ローガン』を語る
ヒュー・ジャックマンが『LOGAN/ローガン』を語る

ヒュー・ジャックマンが『LOGAN/ローガン』(6月1日公開)で、ウルヴァリンことローガン役にピリオドを打つ。タイトルが、X-MENとしての呼び名ウルヴァリンではなく、人間ローガンを打ち出していることも感慨深い。本作で来日したヒューを直撃し、最後の作品に懸けた思いや、引き際の美学について話を聞いた。

『LOGAN/ローガン』は、治癒能力を失いつつあるローガンが、絶滅の危機にあるミュータントの少女ローラを守るため、強大な敵と死闘を繰り広げる。全米では3月3日に公開され、3日間で興行収入8530万ドル(約97億円)を上げた。全世界では6億ドルを突破し、『ウルヴァリン』シリーズの中でもナンバー1ヒットを記録した。

過酷を極めた本作のロケのなかでも、特に大変だったのが3000mくらいの高地での撮影だった。「僕は富士山に登ったことがあるんだけど、今回はそれに近いような高地でアクションシーンをやったんだ。ランチを食べて現場まで行くだけで息切れするような場所だ。みんなはただ歩いているだけだから良かったけど、僕は何度も走って上がったんだ。あるシーンでは、本当に倒れて失神したよ」。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

意見を押し通したくなる日。仕事面ではプラスだけど、プライベ...もっと見る >