2017/06/16 19:33

黒木瞳監督に石野真子が感謝「すごく濃い素敵な時間でした」

ショートフィルム『わかれうた』の黒木瞳監督と石野真子
ショートフィルム『わかれうた』の黒木瞳監督と石野真子

『嫌な女』(16)で監督デビューした黒木瞳が、主演に石野真子を迎え、初めて撮ったショートフィルムが『わかれうた』だ。輝かしいキャリアを歩んできた同世代の2人が、本作で監督・女優としてどんなふうにコラボレートをしたのか?黒木監督と石野にインタビューし、撮影裏話や現場での印象について話を聞いた。

『わかれうた』はネスレ日本の新作ショートフィルムで、米国アカデミー賞公認、アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」(SSFF & ASIA)で華々しく完成発表会が行われた。甘酸っぱい昭和の郷愁を織り込みつつ、いまを生きる人々にそっとエールを贈ってくれるような内容となっている。

石野扮するシングルマザーの亜希が同窓会に参加し、青春時代の恋を振り返っていく。中島みゆきの同名曲「わかれうた」も物語をドラマティックに彩っている。

黒木監督にとって、石野真子の主演は第一希望だった。「いちばん理想のキャストが真子ちゃんだったから、OKしてくださったのですごくハッピーでした」。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気よく自分をアピールすると、好感度アップ。体育会系のノリ...もっと見る >