2017/06/19 05:00

あの名優も惚れ込んだ!心配性なお父さんの変装キャラが強烈すぎる

父ヴィンフリートを演じるのはオーストリアの名優ペーター・シモニシェック/[c]Komplizen Film
父ヴィンフリートを演じるのはオーストリアの名優ペーター・シモニシェック/[c]Komplizen Film

父と娘の関係を描く映画は数あれど、ここまで奇怪でぶっとんだパパキャラはそうそういない。ドイツ映画『ありがとう、トニ・エルドマン』(6月24日公開)は、娘を見守ろうとする父親が、まさかの奇想天外な変装を繰り広げる、おかしくも人情味あふれる家族ドラマだ。

バリバリのキャリアウーマンの娘・イネス(サンドラ・ヒューラー)の元に、悪ふざけが大好きな元教師の父・ヴィンフリート(ペーター・シモニシェック)が突然遊びに来る。生き馬の目を抜くビジネス界で仕事に没頭しすぎる娘を心配するパパは、娘の行く先々へと神出鬼没的に現れ、なんやかんやと鼻を突っ込む。しかも、マニアックなセンスで変装して別人になりきりながら…。

お得意の別人キャラ、トニ・エルドマン氏の出で立ちは、ダサいスーツにうさんくさい長髪カツラ+出っ歯の入れ歯。職業は「人生コンサルタント」だったり「ドイツ大使」だったりといいかげんで、パーティ会場では浮きまくり。ブーブークッション、手錠など、小学生のようなイタズラ小道具を駆使し、独特のおやじギャグを展開する。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >