2017/06/22 17:00

米林宏昌監督の『メアリと魔女の花』は“映像の力”に圧倒されるファンタジー!

めくるめく魔法世界のファンタジーを、動的な表現で盛り上げる!/[c]2017「メアリと魔女の花」製作委員会
めくるめく魔法世界のファンタジーを、動的な表現で盛り上げる!/[c]2017「メアリと魔女の花」製作委員会

『借りぐらしのアリエッティ』(10)『思い出のマーニー』(14)を手掛けた米林宏昌監督の最新作『メアリと魔女の花』が、7月8日(土)より全国公開される。米林監督のスタジオジブリ退社後第1作として国内外から熱い視線を集める本作は、一夜だけ魔女になる少女メアリ(声:杉咲花)の冒険に終始引き込まれること必至の作品だが、ここではあえて“映像”について取り上げたい。なぜなら、本作には見る者を圧倒する映像世界が広がっていたからだ。

■ これでもかと迫る監督得意のダイナミックな動的表現

米林監督といえば『思い出のマーニー』での繊細な心理描写が思い浮かぶ。だが、宮崎駿監督の『崖の上のポニョ』(08)では、ポニョの妹たちが魚群となって海上をめざすド迫力シーンの原画を担当するなど動的表現が得意なクリエイターでもある。

そのスキルが本作でも如何なく発揮され、冒頭のシークエンスから思いもよらないアクションの連続。魔女が乗る空飛ぶホウキのコミカルな動きや、随所で飛び出す魔法のエフェクトにも目を見張り、全身を静かな興奮が包み込む。また、あらゆるものが目まぐるしく動くシーンなども圧巻で、一瞬たりとも見逃せない。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情の浮き沈みが激しい今日のあなた。大げさに考えすぎかも。...もっと見る >