2017/06/27 10:49

メル・ギブソン10年ぶりの監督作『ハクソー・リッジ』は4位に初登場!

戦場で75人もの命を救った衛生兵デズモンド・ドスの実話を映画化した『ハクソー・リッジ』/[c]Cosmos Filmed Entertainment Pty Ltd 2016
戦場で75人もの命を救った衛生兵デズモンド・ドスの実話を映画化した『ハクソー・リッジ』/[c]Cosmos Filmed Entertainment Pty Ltd 2016

全国で梅雨入りしたこの週末、6月24・25日の映画動員ランキングは、注目の新作3本がランクインするなど、雨によるジメジメも吹き飛ばす熱気が映画館にはあふれていたようだ。

4位に初登場の『ハクソー・リッジ』はメル・ギブソンが『アポカリプト』(06)以来10年ぶりに監督に挑戦した戦争ドラマで、土日2日間で動員8万3000人、興収1億600万円という好成績となった。第2次世界大戦での沖縄戦が描かれていることもあり、沖縄地区での動員がよく、40~50代からシニア層の男性を中心に集客している。

7位に初登場の『いつまた、君と ~何日君再来(ホーリージュンザイライ)~』は向井理が祖母の手記を基に自ら企画・映画化した人間ドラマ。自身も祖父役で出演しており、公開前から評判の高かった1作だ。8位の『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第二章「発進篇」』は名作アニメをリメイクしたもので、往年のヤマト好きから若いアニメファンまで幅広い層から支持を受けてのランクイン。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >