2017/07/06 12:05

今度もガチ泣き必至!!『あの花』岡田磨里が描くオリジナル長編映画、彼女を突き動かした言葉とは?

こちらが『さよならの朝に約束の花をかざろう』のティザービジュアル/[c]PROJECT MAQUIA
こちらが『さよならの朝に約束の花をかざろう』のティザービジュアル/[c]PROJECT MAQUIA

脚本を手掛けた『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』『心が叫びたがってるんだ。』などが若者の圧倒的支持を集め、本年に入ってからは『暗黒女子』『先生!』と実写映画にも進出、更には漫画原作や小説執筆などに活躍の場を広げている岡田麿里。

彼女が、来年2月24日公開のアニメ映画『さよならの朝に約束の花をかざろう』で初監督を務めることになり、本日ティザービジュアルと特報映像が解禁された。

岡田磨里と言えば、舞台となった埼玉県秩父市が観光地化し、のちに映画化、実写ドラマ化された代表作『あの花』は言うに及ばず、それ以前に手掛けたTVアニメ『とらドラ!』や『放浪息子』、昨年の『キズナイーバー』などでも、思春期の青少年の繊細な心理を見事に切り取り、アニメファンにとどまらない多くの層から支持を集めてきた。

その岡田が今回、脚本のみならず監督を手掛けるに至ったのは、過去『true tears』『花咲くいろは』『凪のあすから』と3度のTVアニメでタッグを組み、彼女にとって盟友と言える、アニメ制作会社P.A.WORKS(ピーエーワークス)代表を務めるプロデューサー、堀川憲司氏の言葉がきっかけだった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情の浮き沈みが激しい今日のあなた。大げさに考えすぎかも。...もっと見る >