2017/07/08 12:42

米林宏昌監督「宮崎駿監督を乗り越えていかなければ」と決意!ジブリ超えは「一歩ずつ」

『メアリと魔女の花』が公開初日を迎えた
『メアリと魔女の花』が公開初日を迎えた

『思い出のマーニー』の米林宏昌監督がスタジオジブリを退社して新たに挑む最新作『メアリと魔女の花』の初日舞台挨拶が7月8日にTOHOシネマズスカラ座で開催され、杉咲花、神木隆之介、小日向文世、佐藤二朗、渡辺えり、大竹しのぶ、米林宏昌監督、西村義明プロデューサーが登壇。米林監督が「宮崎駿監督を乗り越えていかなければいけないと考えて作った」と力強い決意とともに臨んだことを明かした。

本作は、主人公・メアリが、禁断の“魔女の花”との出会いをきっかけに奇想天外な冒険に巻き込まれていくアニメーション映画。西村プロデューサーが設立したスタジオポノックの初長編作品となる。

新スタジオでのゼロからのスタート。宮崎駿監督の弟子でもある米林監督は「苦労することがいっぱいあった。ジブリにいたときは、宮崎監督の作品をつくるために集まったスタッフがいる状況からのスタートだったけれど、今回は一人一人に声をかけることからのスタート」と述懐。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >