2017/07/16 13:45

『あの花』の人気脚本家が映画監督初挑戦、『ガルパン』コンサートで指揮者がカミングアウトなど、2週間の新着アニメNewsまとめ読み!

『さよならの朝に約束の花をかざろう』は2018年2月24日(土)公開/[c]PROJECT MAQUIA
『さよならの朝に約束の花をかざろう』は2018年2月24日(土)公開/[c]PROJECT MAQUIA

7月上旬までに発表され、話題となった劇場版アニメ関連のニュースをファンの声と共におさらい。『あの花』の人気脚本家が映画監督初挑戦、『ガルパン』コンサートで指揮者がカミングアウト、『フリクリ』続編に音楽ファンも歓喜など、見逃していた人は要チェック!

■ 『あの花』の脚本家の初監督作が早くも話題に

『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』などの脚本を手がけた岡田麿里が2018年2月24日(土)公開の『さよならの朝に約束の花をかざろう』で初めて監督に挑戦する。発表されたのはティザービジュアルと30秒の特報だけだが、“クオリティ高い”“期待しかない”など早くも評判に。監督としては未知数だが、“吉田(明彦)さんとか川井(憲次)さんとかスタッフも一流やな”という、製作陣の顔ぶれからも2018年注目の一作となるのは間違いないだろう。

■ 『ガルパン』イベントで指揮者のカミングアウトに場内騒然!

『ガールズ&パンツァー 劇場版』を東京フィルハーモニー交響楽団の生演奏と共に上映する「ガールズ&パンツァー 劇場版 シネマティック・コンサート」で、12月9日(土)から公開となるシリーズ最新作『ガールズ&パンツァー 最終章』の主題歌を佐咲紗花とchouchoが担当することが発表された。だが、歌声を披露してくれた2人よりも話題をさらったのが指揮を務めた栗田博文氏。本編終了後、自らマイクを取り、“私もガルパンおじさんです”と宣言。“和んだよね”“一番笑った”と指揮者からのサプライズにSNSも盛り上がった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >