2017/07/22 18:49

「べっぴんさん」から『ここさけ』へ。実力派・芳根京子を“強くしたもの”とは?

見つめあう2人…!?/[c]2017映画「心が叫びたがってるんだ。」製作委員会 [c]平和バスターズ
見つめあう2人…!?/[c]2017映画「心が叫びたがってるんだ。」製作委員会 [c]平和バスターズ

2015年に公開され大ヒットを記録したオリジナルアニメーション映画を、フレッシュなキャストとスタッフで実写化した『心が叫びたがってるんだ。』が7月22日、公開初日を迎えた。

東京・TOHOシネマズ新宿で行われた初日舞台挨拶には主演の中島健人(Sexy Zone)、芳根京子、石井杏奈(E-girls)、寛一郎の4人と、熊沢尚人監督が登壇した。

初めの挨拶の際には、場内から寄せられた温かい拍手を前に、喜びがあふれてしまい、言葉に詰まりかけた芳根だったが「皆さんおはようございます。成瀬順役を演じさせていただきました芳根京子です」と満面の笑みで元気よく挨拶。

「今日初日をついに迎えることができました。これから皆さんに見ていただけるとのことで、嬉しさがいっぱいです。『ここさけ』の輪がこれからどんどん広がっていけるように私たちも頑張っていきたいと思います」と、久々の出演映画への強い意気込みを露わにした。

昨年10月から今年春にかけて放送されたNHKの朝の連続テレビ小説「べっぴんさん」でヒロイン役に抜擢され、名実ともに若手実力派女優の仲間入りを果たした彼女。20歳の誕生日に同作のクランクアップを迎えると、すぐさま本作の撮影に挑むため髪を30cmカットした。劇中ではボブカットの短いヘアスタイルだったが、撮影から4か月近くを経た今回の舞台挨拶では、すっかり肩まで伸びた髪を耳に掛ける仕草をたびたび見せる。客席をまっすぐ見つめる彼女の表情には、20代最初の大きな仕事を終えた安堵と、これから女優として大成していくことへの希望が溢れていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情のアップダウンが激しくなりそう。怒りのあまり八つ当たり...もっと見る >