2017/07/25 10:10

全世界待望の話題作『ダンケルク』。ノーラン監督「観客には、兵士たちと同じものを見て、強烈な体験をしてほしい」

ベールに包まれた最新作『ダンケルク』を語るクリストファー・ノーラン監督/[c]2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED
ベールに包まれた最新作『ダンケルク』を語るクリストファー・ノーラン監督/[c]2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED

第二次世界大戦時、史上最大の撤退作戦として歴史に名を刻んだ“ダンケルクの戦い”。ドイツ軍が迫るフランス北岸から、40万人もの英仏連合軍の兵士を帰国させようとした、この一大作戦の行方に切り込んだのが、映画『ダンケルク』(9月9日公開)だ。『ダークナイト』(08)の鬼才クリストファー・ノーランが監督を務めるとなれば、それがありきたりの戦争映画に終わらないのは想像がつく。では『ダンケルク』とは、一体どんな映画なのか?ノーラン監督が自ら語ってくれた。

ダンケルクの戦いは、英国ではとても有名な歴史的事件。イギリス人のノーラン監督も、子どもの頃からその話に魅了されてきたという。「ダンケルクの物語とともにイギリス人は成長し、それは骨まで染み込んでいる。海を背に身動きが取れない40万の兵士に敵が迫る。海の向こうには祖国があるのに、渡れない。そして彼らは降伏か全滅かの選択を迫られる。しかし、この物語の結末は降伏でも全滅でもなかった。人類史上最高の物語の一つだし、素晴らしいサスペンスだよ」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >