2017/08/02 11:20

“ミニオン”強し。『怪盗グルー』が新作3本を退けV2達成!

ミニオン人気はまだまだ続きそう/[c]2017 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED
ミニオン人気はまだまだ続きそう/[c]2017 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED

7月最終週の映画動員ランキングは、多くの学生が夏休みに入ったことを象徴するかのように平日の好稼働も目についた『怪盗グルーのミニオン大脱走』がV2を達成。週末2日間で動員42万8000人、興収5億3000万円をあげた。同シリーズの日本での最終興収は、『怪盗グルーの月泥棒』が12億円、『怪盗グルーの危機一発』が25億円、『ミニオンズ』が52億円と、新作が作られるたびに記録が倍増。初日から10日間での累計興収が、『ミニオンズ』の同興収比で112.7%をマークしている本作が前3作を上回る成績を残す可能性は高そうだ。

トップ10にランクインした3本の新作の中で最上位を飾ったのは、トム・クルーズ主演のアクション・アドベンチャー作『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』。本作は、ユニバーサル・スタジオによる怪人映画のクロスオーバー・プロジェクト“ダーク・ユニバース”の第1弾。第2弾以降の作品として、ハビエル・バルデム出演の『フランケンシュタインの花嫁』、ジョニー・デップが主演する『透明人間』などの製作がアナウンスされている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

身勝手にふるまってしまいそう。しばられたくなくても、場の調...もっと見る >