2017/08/19 15:40

期待の新人アンセル・エルゴートが舞台挨拶でオスカー俳優との驚きのエピソードを披露!

初日舞台挨拶に登壇したアンセル・エルゴート。映画とは打って変わってなごやかな表情
初日舞台挨拶に登壇したアンセル・エルゴート。映画とは打って変わってなごやかな表情

全米では公開から5週連続で興行収入ランキングのベスト10入りを果たし、1か月半かけて興行収入が1億ドルを突破する息の長いヒットを記録中のエドガー・ライト監督の最新作『ベイビー・ドライバー』。日本公開の初日を迎えた19日、新宿バルト9で行われた舞台挨拶に、現在来日中のアンセル・エルゴートが登壇した。

本作は、幼少期の事故の後遺症で耳鳴りが止まらない主人公ベイビーが、強盗の運び屋として裏社会に手を染めていく姿を描いたクライム・アクション。耳鳴りを解消するために彼が聴く音楽に合わせて、台詞やアクションが展開するという異色な作りに、全米をはじめ、すでに公開されている47か国では口コミで話題が広がっている。

「こういう作品に関われたことをとても嬉しいと思う」と笑顔を浮かべたアンセル。「撮影現場でも、出来上がった作品を初めて観たときも、特別な作品だと思った。こんな作品を作り出せるエドガー・ライト監督は天才であり、素晴らしいビジョンの持ち主だよ」と、これまで『ショーン・オブ・ザ・デッド』(04)などの話題作を手がけ、最近ではマーベル・シネマティック・ユニバースにも関わっているイギリスの俊英を大絶賛した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優柔不断になりやすい今日のあなた。あわせてばかりではチャン...もっと見る >