2017/08/22 22:36

岡田准一、福山雅治を翻弄!?役所広司の怪演に背筋がゾクッ

『関ケ原』で役所広司が徳川家康を演じる/[c]2017「関ヶ原」製作委員会
『関ケ原』で役所広司が徳川家康を演じる/[c]2017「関ヶ原」製作委員会

日本映画界を代表するベテラン俳優として確固たる地位を築く役所広司。そんな彼の出演作が8月下旬から2作品続けて公開される。両作品ともに役所が演じるのは主人公と対峙し、翻弄するというクセの強いキャラクター。その迫力の演技は身震いするほど圧巻だ。

まずは、8月26日(土)に公開される『関ヶ原』。司馬遼太郎の同名ベストセラー小説を岡田准一を主演に迎えて映画化した時代劇だ。本作で役所が演じたのは、これまで名だたる俳優が挑んできた天下人・徳川家康。豊臣秀吉の死後、天下取りの野望を抱く家康と豊臣家への忠義から立ち上がる石田三成(岡田)との対立や、関ヶ原の戦いへと向かう過程、そしてわずか6時間で勝敗が決したと言われる合戦の様子を活写していく。

家康は様々な手段を使って豊臣政権の内部分裂を引き起こし、自軍に各地の武将を引き入れながら、三成を追い詰める。岡田演じる三成が正義を重んじる不器用なキャラクターであるのに対して、役所演じる家康は天下取りのためには手段を選ばない権力欲に燃える男。策略を巡らせ三成を翻弄する家康の老獪さを体現したような演技は、ベテラン俳優ならではの説得力を感じさせる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >