2017/08/25 15:51

ついにザク投入!シャアが“赤い彗星”と呼ばれる運命の激戦が始まる

リミッターを解除し肉体的負荷のかかるザクIIを、シャア(声:池田秀一)は秀でた技術と精神力で乗りこなす/[c]創通・サンライズ
リミッターを解除し肉体的負荷のかかるザクIIを、シャア(声:池田秀一)は秀でた技術と精神力で乗りこなす/[c]創通・サンライズ

「機動戦士ガンダム」シリーズの原点、TVシリーズ第1作で描かれた“一年戦争”。その前に起きていた出来事をアニメ化した人気シリーズ『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』。待望の第5話『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 激突 ルウム会戦』(9月2日公開)では、ついにシャア・アズナブルが“赤い彗星”と呼ばれるようになるきっかけが語られる!

シリーズ第1作「機動戦士ガンダム」(79-80)の第2話「ガンダム破壊命令」でホワイトベースの初代艦長パオロ・カシアスが「ルウム戦役で5隻の(地球連邦軍の)戦艦が、シャア1人によって撃破された」と語るエピソードこそ、まさしく本作で描かれる"ルウム戦役"である。ルウムとはスペースコロニー群“サイド5”の通称で、サイド3を拠点とするジオン公国がこの宙域で地球連邦軍の大艦隊と激闘を繰り広げたのだ。

この戦役において、シャアは“ザクI”を量産向けに改修・再設計した後継機“ザクII”へ搭乗する。その際、より高い機動性を求めて、メカニックに推進ユニットのリミッターを解除させた。結果、シャア専用機は推進力が一般機よりも30%増したが、高度な操縦技術が要求される扱いの難しい機体となってしまう。それでもシャアは類稀なセンスで愛機を見事に操り、戦艦5隻を次々撃沈させる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

お誘いが多く人気者になれる日。美的センスも冴えるので、華や...もっと見る >