2017/08/31 16:41

世界中を魅了した究極の造形美!“エイリアン”誕生秘話が明らかに!

H・R・ギーガーは本作の撮影終了後の2014年5月12日に亡くなった/[c]2015 T&C Film [c]2015 FRENETIC FILMS.
H・R・ギーガーは本作の撮影終了後の2014年5月12日に亡くなった/[c]2015 T&C Film [c]2015 FRENETIC FILMS.

“エイリアン”といえばハリウッドの人気SFホラーシリーズ。シリーズ1作目の前日譚となる『エイリアン:コヴェナント』の公開を前に、あのエイリアンの造形などで知られ、2014年に他界したアーティスト、H・R・ギーガーに迫るドキュメンタリー映画『DARK STAR/H・R・ギーガーの世界』が9月2日(土)から劇場公開される。

H・R・ギーガーは1940年にスイスで生まれ、20代でチューリッヒへ移り、大学で室内デザインと工業デザインを学んだ。卒業後は家具デザイナーとして活躍していたが、間もなくデザイン以外のアート作品を手がけるように。ギーガーの作品集『ネクロノミコン』を見たリドリー・スコットからのオファーを受け、映画『エイリアン』でデザインを手がけることになった。

『エイリアン』でギーガーはエイリアンの成体をはじめ、エイリアンの幼体である“チェストバスター”や幼体を人間に産み付ける“フェイスハガー”などのクリーチャー造形を担当。モノトーンで陰影が強く、頭骨や脊椎、性器などの人間の肉体のパーツと機械的造形が融合したシュールなデザインは映画関係者だけでなく、ミュージシャンやアート関係者にも多くのフォロワーやファンを生み出した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >