2017/09/01 14:55

皿洗いから、ハリウッド大作の主役へ!C・ノーラン監督『ダンケルク』の主役を射止めたシンデレラボーイとは?

あのノーラン監督を唸らせた新人とは?/[c] 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.
あのノーラン監督を唸らせた新人とは?/[c] 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.

1940年、第二次世界大戦中の海の町・ダンケルクを舞台に、英仏軍40万、絶体絶命の撤退作戦を描く戦争大作『ダンケルク』が、9月9日(土)より日本公開となる。『ダークナイト』『インターステラー』など、イマジネーション豊富なフィクションを監督してきたクリストファー・ノーランが初めて実話を描くという事もあり、早くも話題になっている。

そんな本作には、ケネス・ブラナー、キリアン・マーフィー、トム・ハーディなど実力派俳優がズラリ集結。また、世界的人気を誇る音楽グループ“ワン・ダイレクション”のハリー・スタイルズが、本作で俳優デビューを飾っている。

その中にあって、多くの俳優が羨望するであろう主役を射止めたのは、なんと無名の新人、フィン・ホワイトヘッドだった。彼がノーラン監督の演出や、本作のテーマを語るインタビューを、映画の公開に先がけてお届けする。

『ダンケルク』を監督するにあたり、ノーラン監督は徹底的にリアルにこだわっている。実際にダンケルクの地で撮影を行うのはもちろん、1940年代に活躍した戦闘機を飛ばし、救出に向かった民間船や駆逐艦までも本物を調達した。ノーラン監督は、その中でも特に配役にはこだわったと語る。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

身勝手にふるまってしまいそう。しばられたくなくても、場の調...もっと見る >