2017/09/08 11:00

クリストファー・ノーラン「観客をだます気は毛頭ない」“本物志向”の原動力とは?

クリストファー・ノーラン監督を直撃!
クリストファー・ノーラン監督を直撃!

新作ごとに圧倒的な映像表現と斬新な世界観で、観るものを驚かせてきたクリストファー・ノーラン監督。第二次世界大戦で起きた史上最大の撤退戦を描く映画『ダンケルク』(9月9日公開)では、自身初となる実話に挑んだ。CGに頼らず、なんと本物の戦闘機を飛ばし、本物の軍艦を使用するなど、徹底した“本物志向”を貫いた。なぜいつも、困難とも思える道のりを選ぶのか?来日したノーラン監督を直撃した。

本作は、第二次世界大戦中の1940年、フランス・ダンケルクの海岸でドイツ軍に包囲されたイギリス、フランス軍の兵士約40万人を救出した、史上最大の撤退作戦“ダンケルクの戦い”を映画化した物語。ノーラン監督は「ダンケルクで起きたことは、人類史上で最大のストーリーのひとつ。生きるか死ぬか、時間との究極の戦いで、ものすごく緊迫した状況だったんだ。私たちはこの映画で、史実に対して敬意を払いつつ、観客に臨場感を味わってもらいたいと思った」と映画への没入感にこだわった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情のアップダウンが激しくなりそう。怒りのあまり八つ当たり...もっと見る >