2017/09/14 16:00

尾崎豊の息子・尾崎裕哉がアニメ映画の主題歌を歌う深い理由とは?

主題歌を担当する尾崎裕哉/[c]2017 BONES/Project EUREKA MOVIE
主題歌を担当する尾崎裕哉/[c]2017 BONES/Project EUREKA MOVIE

2017年10月4日(土)に2nd EP「SEIZE THE DAY」をリリースする予定の尾崎裕哉。今年は春から各地の野外フェスに出演し、大舞台でも観客を魅了できるアーティストとして、着実に成長を遂げている。そんな彼が9月16日(土)公開のアニメーション映画『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1』の主題歌を担当。そこには深い理由が…?

本作は、05年~06年にテレビ放映されたSFロボットアニメ「交響詩篇エウレカセブン」を再構成した劇場版アニメ3部作の第一弾。世界を揺るがせた大事件“サマー・オブ・ラブ”で父親を失った少年・レントンを主人公に、彼がエウレカと名乗る少女と出会い、旅に出ることで成長していく姿を描く。

かねてからアニメが好きだったという尾崎裕哉。映画の公式サイトの中では「『エウレカセブン』のような素晴らしい作品に携われた事を凄く光栄に思います。僕はレントンと境遇が似ているところがあって、レントンの“父親に会いたい”という気持ちを想像しながら作りました」とコメントを寄せている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

どっちつかずになりやすい運気。今日は家に帰って、勉強や調べ...もっと見る >

おすすめキャンペーン