2017/09/14 17:00

「真実のロマンスに年齢なんて関係ない!」初のラブストーリーに込めたクストリッツァ監督の想い

9年ぶりに来日したエミール・クストリッツァ監督
9年ぶりに来日したエミール・クストリッツァ監督

カンヌ、ベルリン、べネチアと世界三大映画祭すべてにおいて栄冠を手にした、世界でも数少ない映画監督であるエミール・クストリッツァ。彼の9年ぶりとなる新作映画『オン・ザ・ミルキー・ロード』がいよいよ9月15日(金)から日本で公開となる。物語冒頭から登場する芸達者な動物たち、終わらない愚かな戦争、結婚式を控えた花嫁たち、そして底抜けに明るいバルカン・ミュージックと祭宴など、クストリッツァ映画に欠かせないアイコンが次々と登場し、私たちを風変わりなおとぎ話(だけど、時に残酷な)の世界へと導いてくれる。

舞台は、戦時中の架空の国。主人公コスタの日課は、右肩に相棒のハヤブサを乗せ、ロバにまたがり、雨傘で銃弾を避けながら兵士たちにミルクを配達すること。彼はある日、謎の美女と出会い、恋に落ちる。

祖国ユーゴスラビアの内紛を背景に、これまでも人間賛歌の物語を描き続けてきた監督だが、今作のテーマはずばり“ラブストーリー”だ。自身の作品では初めてとなる、監督・脚本だけでなく主演も務めることになった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

どっちつかずになりやすい運気。今日は家に帰って、勉強や調べ...もっと見る >