2017/09/16 06:00

実写版『ハガレン』が、東京国際映画祭でワールドプレミア上映決定!

実写ハガレンがついにベールを脱ぐ!/[c]2017 荒川弘/SQUARE ENIX [c]2017 映画「鋼の錬金術師」製作委員会
実写ハガレンがついにベールを脱ぐ!/[c]2017 荒川弘/SQUARE ENIX [c]2017 映画「鋼の錬金術師」製作委員会

スケ―ルの大きな世界観で、連載終了後の今もなお、多くのファンを魅了する “ハガレン”こと『鋼の錬金術師』が、山田涼介、本田翼、ディーン・フジオカ、松雪泰子などオールスターキャストで実写映画化され、12月1日(金)から公開される。荒川弘による原作は、月刊「少年ガンガン」で2001年から2010年まで連載され、累計発行部数は7000万部を突破している世界的人気を誇るコミックだ。

世界から注目を集める本作が、10月25日(土)より開催されるアジア最大級の映画の祭典、第30回東京国際映画祭のオープニング上映作品として、ワールドプレミア上映されることが決定した。東京国際映画祭のオープニング作品で邦画が上映されるのは10年ぶりで、オープニング作品として日本のコミック原作の映画が上映されるのは史上初となる。

東京国際映画祭は、日本で唯一、国際映画製作者連盟が公認する国際映画祭で、1985年に設立。第1回のオープニングを飾ったのは黒澤明監督の傑作『乱』。以降30年にわたり日本、そしてアジアの映画産業、文化振興に努めてきた伝統ある映画祭だ。2016年には86の国と地域から1409本もの映画が応募され、年々注目が高まっている。2014年にはアニメにフィーチャーした企画を実施するなど、日本が誇る唯一無二のカルチャーを世界に発信しようと努めてきた東京国際映画祭は『鋼の錬金術師』のお披露目の場として、まさにピッタリの舞台と言える。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

社交運のいい日。どんなお誘いにも積極的にのってみよう。友達...もっと見る >