2017/09/22 18:00

ナタリー・ポートマン、大好きなアドリブを封印?

実在した人物をモデルに、美しきスピリチュアリストの姉妹を演じる/[c]Les Films Velvet - Les Films du Fleuve - France 3 Cinema - Kinology - Proximus – RTBF
実在した人物をモデルに、美しきスピリチュアリストの姉妹を演じる/[c]Les Films Velvet - Les Films du Fleuve - France 3 Cinema - Kinology - Proximus – RTBF

“フランスのソフィア・コッポラ”との呼び声も高い美貌の天才レベッカ・ズロトヴスキ監督が、実在したスピリチュアリズムの先駆者フォックス三姉妹と、フランスの伝説的映画プロデューサー、ベルナール・ナタンをモデルに、1930年代のパリで降霊術を用いて人々に“見えないものを見せようとする”バーロウ姉妹が、映画プロデューサーのコルベンと出会い、運命を狂わせていく様子を描いた『プラネタリウム』(9月23日公開)。

美しく聡明な野心家のローラは、霊感の強い妹のケイトが行う降霊術の演出家のような立場だったが、映画プロデューサーのコルベンに女優としての才能を見出され、彼女自身が演出される側になっていく。今回、ローラを演じたナタリー・ポートマンにインタビューし、本作のテーマについて聞いた。

「この姉妹の関係性のシフトこそが、本作の面白いところだと思うわ。最初ローラは、ケイトを売り込むエージェントのような役回りだったのに、スポットライトが自分に当たると、彼女はそれを戸惑いもせず喜んで受け入れる。二人の関係性が面白いのは、お互いへの深い愛情が間違いなくそこにはあるのだけれど、競争心もあるところ。それによって生まれるテンションが面白いの」。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何かと目立つ今日のあなた。カリスマ的に見られがち。思いっき...もっと見る >