2017/09/25 20:11

北野武監督、『アウトレイジ 』は「一回、シメで」最終章への思いを告白

北野武監督、『アウトレイジ 』は本当に終わり!?
北野武監督、『アウトレイジ 』は本当に終わり!?

北野武監督によるバイオレンス・エンタテインメントのシリーズ第3弾『アウトレイジ 最終章』(10月7日公開)のジャパンプレミアが9月25日にイイノホールで開催され、北野監督をはじめ、西田敏行、大森南朋、ピエール瀧、松重豊、大杉漣、塩見三省、白竜、名高達男、光石研、池内博之、金田時男、岸部一徳の総勢13名が登壇。北野監督が「一回、シメで」とシリーズ最終章への思いを語った。

裏社会に生きる男たちの、仁義なき抗争を描くシリーズの最新作。北野監督は「長続きさせようと思えばできた」といつまでも続けられる題材であったいいつつ、「深作さんの『仁義なき(戦い)』シリーズになってしまう。一度死んだ人がまた出てくるわけにはいかないので。一回、シメで」と最終章に至った思いを明かした。

ヨーロッパに行くと「バイオレンス映画以外に興味がないのか」と声をかけられるという北野監督。先日は初の恋愛小説「アナログ」を発表したが、「“次は純愛だ”と思って小説を書いたら、まぐれ当たりで当たってしまった」と売れ行きも好調な様子。「これをやって失敗したら、またバイオレンスの映画に戻ろうと画策している」とぶっちゃけ、会場の笑いを誘っていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >