2017/10/02 20:26

市長も思わず武者震い!映画のまち・調布に大型シネコンがオープン

左から片岡社長、市民代表の鈴木さん親子、長友市長、「映画のまち調布」応援キャラクターのガチョラ、小畑副会長
左から片岡社長、市民代表の鈴木さん親子、長友市長、「映画のまち調布」応援キャラクターのガチョラ、小畑副会長

9月29日、東京都調布市に大型シネマコンプレックス“イオンシネマ シアタス調布”がオープンした。同日、劇場でオープニングセレモニーが催され、イオンエンターテイメント・片岡尚社長、調布市観光協会・小畑良治副会長(角川大映スタジオ社長)、長友貴樹調布市長が登壇。市の活性化に繋がる映画館の誕生に大喜びの市長からは豪快な発言も飛び出した。

地下化された京王線調布駅周辺に、商業施設の一部として誕生した同館。片岡社長によると「シアターに新しい“プラス”の要素をという思いを込めて“シアタス”の名が冠されている」という。ライブ&パブリックビューイングに対応する機能はもちろん、国内最大級の4DXシアター、リクライニングシートでくつろぎながら鑑賞できる“グランシアター”、東日本初の立体音響テクノロジー“GDC featuring dts-XTM”と独自の立体音響システム“ULTILA”(ウルティラ)を組み合わせ、最上級の映像美と臨場感が楽しめるスクリーンを要するなど、まさに“プラス”の要素が満載である。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >