2017/10/03 19:40

カンヌ常連の河瀬直美監督、東京国際映画祭への抱負を語る「東京は遠いなって思っていました」

「Japan Now」部門の会見に河瀬監督らが出席
「Japan Now」部門の会見に河瀬監督らが出席

今年5月に開催された第70回カンヌ国際映画祭で、エキュメニカル審査員賞を受賞した『光』が、10月25日(水)から開幕する第30回東京国際映画祭の「Japan Now」部門で上映されることを受け、東京・有楽町の公益社団法人・日本外国特派員協会で記者会見が行われ、同作の監督を務めた河瀬直美が登壇。

3年前より新設されたこの「Japan Now」部門では今年「銀幕のミューズたち」と題して、日本の今を象徴する4人の女優たちの出演作のほか、日本を代表する作家たちの最新作など15本が上映される。河瀬の『光』も、そのうちの1本に選ばれた。

また河瀬は、作品の上映に加えて「マスタークラス」と名付けられた、次世代を担う映画作家に向けたセミナー形式のイベントに登壇することも決まっている。その内容について訊かれると「自分は生きることと映画を作ることを、切り離して考えられていないので、プライベートな部分と作るという部分をどうやって融合しているのか、具体例を出して説明していきたい」と、抱負を語った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何かと目立つ今日のあなた。カリスマ的に見られがち。思いっき...もっと見る >