2017/10/06 16:00

菅田将暉&ヤン・イクチュン、5時間超『あゝ、荒野』は「肉体の映画」

菅田将暉とヤン・イクチュンが熱く語り合う!
菅田将暉とヤン・イクチュンが熱く語り合う!

菅田将暉とヤン・イクチュンをダブル主演に迎え、5時間を超える大作『あゝ、荒野』(前篇は10月7日、後篇は10月21日公開)が完成。寺山修司が遺した長編小説を大胆に再構築し、都会の片隅に生きる人々の心を描き出す本作。寺山が生んだ物語が、今の世の中にどんなメッセージを投げかけるのか。菅田とヤンを直撃した。

主人公となるのは、少年院上がりで、自分自身でも持て余すほどのエネルギーを抱えた新次(菅田)。そして、引っ込み思案で吃音と赤面対人恐怖症に悩みつつも、人の温もりを求める建二(ヤン)。彼らがボクシングを通して、心の空白を埋めようともがく姿を描く。

全編、圧倒されるような熱量に満ちている。目をギラつかせた無鉄砲な若者・新次を体現した菅田は「半年かけて、ボクシングのトレーニングをやらせてもらえたことが大きい」とその熱量の秘密を語る。「撮影が始まる前だけでなく、撮影中もずっとトレーニングをしていました。ボクシングをしたり、鍛えたりしていると、体に緊張感がある。“今日は何時間シャドウボクシングをしたんだろう”と思うくらい、トレーニングしていることで、自然と滾るものがあるんです。体が変わってくるのもわかるし、“もっといける”と求めるものが生まれてくる。そういった高ぶる感情を大事にしていました」。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

面倒見がよくなっている今日のあなた。下の人に声をかけたり助...もっと見る >