----------->> 楽天イーグルス応援キャンペーン!楽天スーパーポイント100,000ポイント山分け! <<-----------
2017/10/06 11:00

北野武が語る「アウトレイジ」と落語の共通点とは?大森南朋はシリーズへの憧れ爆発

北野武監督が大森南朋と『アウトレイジ 最終章』を語る!
北野武監督が大森南朋と『アウトレイジ 最終章』を語る!

北野武監督が手がける唯一のシリーズプロジェクトで、裏社会の男たちの仁義なき抗争を描いた「アウトレイジ」シリーズが、10月7日(土)より公開となる『アウトレイジ 最終章』でフィナーレを迎える。「『アウトレイジ』シリーズに憧れがあった」と言い、待望の初参加を果たした大森南朋とともに、北野監督が最終章に込めた思いを語った。

主人公となるのは、ビートたけし扮する昔気質の男・大友。二大勢力だった関東山王会と関西花菱会の巨大抗争後に韓国に渡っていた大友が帰国し、権力争いの真っ只中に突っ込んで行く姿を描く。大友が最後にどのような決着をつけるのかに注目が集まるが、北野監督は「大友は古いタイプでね。世話になった人には、命をかけてでも恩返しするような男」とシリーズを通して演じてきた大友について解説する。

仁義を貫こうとする大友の生き様を描いてきたが、北野監督は「非常に不条理」と本シリーズで展開するドラマについて語る。「落語の人情噺にも、不条理で“ひどいな”と思うやつがある。例えば『文七元結』という噺も、不条理で残酷でひどい話なんだけど、それも人情噺と言われるんだよね。それは本作にも言えること。大友は(前作より登場する国際的フィクサーの)張(チャン)会長に昔から世話になっているから、張(チャン)会長がもし自分の考えと逆のことをしていたとしても、会長のために相手を殺しに行くはず。“親分のため”というのがあるからね」。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >