2017/10/10 11:12

「AKIRA」「攻殻機動隊」も!SFに影響を与えまくった『ブレードランナー』の世界観

前作の30年後の世界を舞台にした『ブレードランナー 2049』の公開が間近に迫る!
前作の30年後の世界を舞台にした『ブレードランナー 2049』の公開が間近に迫る!

ついに10月27日(金)に公開が迫った『ブレードランナー 2049』。82年に公開された前作『ブレードランナー』は、同年の夏に公開された『E.T.』の空前の大ヒットの影響で興行成績は振るわなかった。しかし、その後のソフト化や名画座などでのリバイバル上映で映画はカルト的な人気を獲得し、さらにディレクターズカット版の公開などを経て、作品への支持がますます上がり、現在ではSF映画を語る上で欠かせない傑作という評価を確立している。

映画『ブレードランナー』を語る上で無視できないのは、荒廃した未来都市のデザインだ。それまでのSF映画では、未来都市はクリーンなイメージとして描かれていたが、本作では舞台となる2019年のロサンゼルスを環境汚染が進み酸性雨が降り続ける退廃的な街として描き出した。さらに世界中の映画ファンを驚かせたのは、ひらがなや漢字が多用された無国籍な街並み。飛行車が街の上空を飛ぶシーンで、高層ビルの壁面に芸者姿の女性(胃腸薬「強力わかもと」の広告)が映し出されるカットはあまりにも有名だ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

どっちつかずになりやすい運気。今日は家に帰って、勉強や調べ...もっと見る >