2017/10/13 01:10

猿もコングもゴジラも演じる!英国のバイプレーヤー、すご過ぎる経歴

シーザー役も3度目ですっかり様に/[c]2017 Twentieth Century Fox Film Corporation
シーザー役も3度目ですっかり様に/[c]2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

人類と猿との闘いを描いたシリーズ最新作『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』(10月13日公開)で、高度な知能と人を思いやる心を持つ猿シーザーを熱演したアンディ・サーキス。『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(12月15日公開)では敵側の最高指導者スノークを怪演するなど活躍が相次ぐが、彼のフィルモグラフィをたどると、その“唯一無二の役者”としての才能がうかがい知れる。

■ すべてのきっかけは“ゴラム”役

英国出身のごく普通の俳優としてTVドラマや舞台に出演していたサーキスだが、ピーター・ジャクソン監督の『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズでゴラムを演じ転機が訪れる。ゴラムのように緻密な3DCGで創出されるキャラクターに動きや表情を与えるため、人間の動作をデータとして収集する“パフォーマンス・キャプチャー”。サーキスはこの過程で見事な演技力を発揮。ゴラムに魂を吹き込みメキメキと頭角を現わす。以降、『キング・コング』(05)で、コング役に大抜擢され、『タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密』(11)でもフルCGのキャラクターを演じるなど、ジャクソンが監督・製作で参加した作品に欠かせない役者として台頭する。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

しっかりした意見をいうと、周囲から認められるよ。現実的な大...もっと見る >