2017/10/15 06:59

1人多い女性版「おそ松さん」!?個性的な武闘派“7つ子姉妹”が映画で大暴れ

顔はそっくり!でも髪型と性格はバラバラな7つ子を、ノオミ・ラパスが1人で演じ分けている/[c]SEVEN SIBLINGS LIMITED AND SND 2016
顔はそっくり!でも髪型と性格はバラバラな7つ子を、ノオミ・ラパスが1人で演じ分けている/[c]SEVEN SIBLINGS LIMITED AND SND 2016

10月から第2期の放送が始まり、舞台や雑誌、アミューズメント施設とのコラボなど、すっかり社会現象化したアニメ「おそ松さん」。日本を熱狂させる6つ子兄弟に負けじと(?)、海外から“7つ子姉妹”が活躍する映画『セブン・シスターズ』(10月21日公開)がやってきた。

いったいどんなギャグ映画…かと思いきや、本作は食糧不足により厳格な“一人っ子政策”が敷かれた近未来が舞台のSFスリラーだ。

2073年、戦争や難民問題で主要国が滅び、世界の覇権を握る“ヨーロッパ連邦”は、1家族につき子供は1人までと定め、違法に生まれた2人目以降の子供は冷凍保存される“児童分配法”を施行。日常生活が厳しく管理されるなか、ある日、7つ子の姉妹が誕生する。出産と同時に母親は亡くなり、祖父テレンス(ウィレム・デフォー)に引き取られた7つ子は児童分配局に見つからず生き延びる方法を教育される。7つ子は月、火、水、木、金、土、日と曜日を名に冠し、週に1日、自分の名前の曜日だけ外出し共通の人格“カレン・セットマン”として生きることに。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

反抗心が強くなりそう。その気持ちを自分のオリジナルなやり方...もっと見る >