2017/10/13 06:00

森川葵、北村匠海、佐藤寛太が語る“5回のキスシーン”

『恋と嘘』の森川葵、北村匠海、佐藤寛太がキスシーンを語る
『恋と嘘』の森川葵、北村匠海、佐藤寛太がキスシーンを語る

少子化対策がエスカレートしすぎた近未来、政府が国民の遺伝子情報を管理し、16歳で最良の結婚相手を通知する「超・少子化対策法」が施行される。映画『恋と嘘』(10月14日公開)では、単なる絵空事とは思えない世界観で、幸せとは一体何なのかを問いかける。本作でメインキャストを務めた森川葵、北村匠海、佐藤寛太にインタビュー。

森川が演じたのは、ふたりのイケメンから愛されるという、女子なら誰もが羨むキャラクターの葵だ。森川は「ラッキーですよね。男の子2人が取り合ってくれるなんて。相当可愛くて相当モテ女じゃないとありえない設定です」と笑う。

「しかも、こんなに堂々と三角関係が繰り広げられるなんてこと、普通はないし。映画の世界だけでも、その気分が味わえたのは幸せでした。女として誰もが体験してみたいシチュエーションですよね」。

仁坂葵(森川葵)は16歳の誕生日前日に、幼馴染みの司馬優翔(北村匠海)から突然「好きだ」と告白される。ずっとそばにいてくれた心優しい司馬の気持ちに戸惑う葵だったが、政府通知の相手である無口な高千穂蒼佑(佐藤寛太)に心惹かれていく。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >