2017/10/25 09:28

高校生の心の内をリアルに描く、「あの花」『ここさけ』「ガンダム」も手掛ける“岡田麿里”とは?

『ちはやふる』(16)や『チアダン』(17)などでも高校生を演じた、広瀬すずが『先生! 、、、好きになってもいいですか?』で先生に恋する少女を好演/[c]河原和音/集英社 [c]2017 映画「先生!」製作委員会
『ちはやふる』(16)や『チアダン』(17)などでも高校生を演じた、広瀬すずが『先生! 、、、好きになってもいいですか?』で先生に恋する少女を好演/[c]河原和音/集英社 [c]2017 映画「先生!」製作委員会

教師に恋する女子高生のピュアなラブストーリー『先生! 、、、好きになってもいいですか?』(10月28日公開)。生田斗真&広瀬すずの共演でも話題の本作の脚本を執筆したのは、数々のアニメ作品を手掛けるヒットメーカー・岡田麿里。今年4月に公開された『暗黒女子』(17)に続き、これが自身2作目の実写映画となる。

■ “心の描きかた”が魅力

岡田は、今春まで放送されていたTVアニメ「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」(15-17)でシリーズ構成も務めるなど、青春映画からまったく方向性の異なるSFアニメまで、守備範囲が広いクリエイターである。そんな彼女の代表作と言えば、11年放送のTVアニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」(「あの花」)と、15年公開の映画『心が叫びたがってるんだ。』(『ここさけ』)。どちらも岡田の出身地・埼玉県秩父市を舞台に高校生の物語がつづられ、大人も楽しめるアニメとして広く一般層へも受け入れられた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >