2017/10/15 06:58

ベストセラー小説が次々に映画化!“イヤミスの女王”沼田まほかるとは?

沼田まほかるの知名度を挙げた大ヒット作品!(「ユリゴコロ」沼田まほかる著/双葉文庫)/[c]沼田まほかる/双葉社 [c]2017「ユリゴコロ」製作委員会
沼田まほかるの知名度を挙げた大ヒット作品!(「ユリゴコロ」沼田まほかる著/双葉文庫)/[c]沼田まほかる/双葉社 [c]2017「ユリゴコロ」製作委員会

読んだ後、イヤ~な気分になる。そんな後味の悪いミステリー“イヤミス”。代表的な作家では湊かなえ、真梨幸子が挙げられるが、いま映画界から注目されているのが沼田まほかるだ。奇遇にも彼女の小説の映画化作品が1か月間に2本相次いで公開される。そんな沼田まほかる作品の魅力とは?

56歳で文壇デビューと作家としては遅咲きの彼女。いまや“イヤミスの女王”として大勢の本好きを魅了しているが、それまで離婚を経て実家の寺で僧侶となり、友人と起こした会社が倒産したりと波乱の人生を送ってきた。そんな経験も文筆家への糧となったのかもしれない。

04年の処女作「九月が永遠に続けば」で第5回ホラーサスペンス大賞を受賞するなど、デビュー時から話題を集めたが、沼田の知名度をグンと上げたのは11年発表の「ユリゴコロ」。刊行されると既刊まで引きずられるように売れ出し、出版業界の“事件”とまで言われるほどに。そこから、“まほかるブーム”が始まった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >