2017/10/25 15:46

イエモン、ドキュメンタリー映画のジャパンプレミア上映に「再結成してよかった!」

第30回東京国際映画祭の開幕日にジャパンプレミアを迎えることに「ライブの時とは違った緊迫感がある」「勝手が違うので気恥ずかしい」と、彼らの本業である音楽ライブとは雰囲気の違う映画祭にドギマギした様子。それでも4人は「劇中で結構なとこまで見せているので、それを見られたら何でもありかな」と笑顔を見せた。

吉井から「主役はこの人!」と紹介されたのは本作でメガフォンを執った松永。コンテンポラリーアーティスト、ピューぴるの8年間の軌跡を追ったドキュメンタリー映画『ピューぴる』(11)で高い評価を獲得した松永は、今回もアーティストに密着したドキュメンタリーを作ったことについて「なるべく客観的に撮りたいと思っていた」と、その難しさを明かした。

「信頼してもらいつつ、身内にならないようにと考えて撮っていた。でも一緒にいる中でどんどん彼らを好きになってきて、入り込まないようにすることが難しかった」とメンバーへの想いを語る松永に、吉井は「僕は監督に心を開きすぎました」と告白。「普通の監督が撮っていたら、こういう場に立てていないと思う」と、独特な演出を得意とする監督をメンバー4人が絶賛した。

本作を鑑賞して3回泣いたと明かした吉井は「これまでの、どのロックドキュメンタリーとも違う作品になっている」と自信を窺わせた。そして舞台挨拶中に仲の良さを見せつづけた彼らは「再結成してよかった!」と笑顔を浮かべながら、映画祭のレッドカーペットへと向かった。【取材・文/久保田和馬】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >