2017/11/02 15:00

学園ミステリー『氷菓』で新境地に挑んだ安里麻里監督が明かす、ヒロイン“千反田える”の初期設定とは…?

『氷菓』で監督を務めた安里麻里
『氷菓』で監督を務めた安里麻里

『バイロケーション』や『劇場版 零~ゼロ~』など、ホラー作品に定評のある安里麻里監督が、学園ミステリーという新境地に挑んだ最新作『氷菓』(11月3日公開)。廃部寸前の古典部に入部した主人公たちが、部に代々伝わる文集や、学園の謎に挑んでいく物語は、ミステリーファンならずとも見入ってしまう見事な出来栄えだ。

「昔はテレビドラマで青春ものをやったことはあるんですけど、長編映画では初めてですね」と、ホラー作品で埋め尽くされた自身のフィルモグラフィーを振り返った安里。「個人的にはホラー映画であっても、人間ドラマを主眼にした作品を多く作ってきたので、今回もいつも通りの感じで撮りました」と語る。

本作には企画開発の段階から関わるなど、とくに思い入れの深い作品であると、完成披露イベントで語った安里は、脚本執筆の段階において「映像化する上で、主人公の推理描写をどうやって見せるかがチャレンジだった」と明かした。さらに「原作の世界観に合わせてロケ地を選んだり、章立てにした構成にするなど、小説的なイメージを重視した」と原作ファンの期待に応える作り込みを図ったことを語った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >